Q&A

カードローンとはどんなサービスですか?

たとえば急な出費が必要となった時に、現金を借り入れることができるサービスです。借入金の用途が限定されている「住宅ローン」などと異なり、原則、利用目的は自由です(※事業性資金としては利用できません)。また、保証人や担保は不要、コンビニATMで借入・返済できるなど、便利なサービスとして多くのユーザーに利用されています。

金利負担はどのくらいですか?

利息制限法により、金利上限は20%と定められています。大手消費者金融のカードローンでは、3.0%~18.0%の間で適用されることが大半です。「利用可能限度額」の大小によって、金利は3.0%~18.0%の間で変わります。たとえば、18.0%の金利で10万円を借りた場合、30日間で発生する利息は約1,500円です。また、一部の消費者金融各社は「30日間の無利息期間」を設けているため、30日以内に借りた額を返済すれば、利息は発生しません。

契約にかかる時間はどのくらいですか?

大手消費者金融のカードローンの場合、最短の審査時間は30分程度、手元にお金が手に入るまでには最短1時間と考えてください。ただし、申し込む時間帯によっては、翌日以降の対応となります。契約が完了してカードを受け取ることができれば、コンビニATMなどで24時間お金を借りることが可能です(※一部店舗を除く)。

契約に必要な書類は何がありますか?

本人確認書類が必要です。「運転免許証」を持参いただくのが特にスムーズです。運転免許証をお持ちでない方は、パスポート、住民基本台帳カードなど写真つきの書類を持参しましょう。写真つきの確認書類がない場合は、「健康保険証+住民票」など、健康保険証との組み合わせで代替できる場合もあります。詳細は各社ホームページをご確認ください。

フリーター・アルバイト・主婦でも借り入れできますか?

契約社員・パート・アルバイトなど、安定収入があるとみなされる方は、カードローンへの申し込みが可能です。専業主婦を含めた無職の方は、カードローンでお金の借り入れをすることはできません。

会社や家族にはバレますか?

ご本人の対応次第です。最初の申し込み時には、職場に電話がかかってきます。ですが、担当者は「個人名」でかけてくるため、バレる可能性は低いです。
ほかに知られる可能性があるケースは、「店舗に入るところを見られる」「カードや明細を見られる」「通帳を見られる」などですが、注意を払えば回避できることばかりです。また、自宅に郵送物が届く場合には「カードローン会社」だと分からない名義で届きますので、封筒の中身を誰かに開封されない限り、気づかれないでしょう。なお、店舗でカードの発行を行なう場合は、自宅への郵送物が届くことなくカードを入手することができます。